プログラム(暫定)

EasyChair Smart Program (abstract 等の追加情報あり.ただし,セッション内の発表順は↓が正しい)

Days: 5/28(月),5/29(火)5/30(水)

5/28(月)
13:30受付開始
14:15オープニング実行委員長: 田浦 健次朗(東大)一橋講堂
14:302A: 並行性制御座長:TBD一橋講堂
林 昌樹, 二間瀬 悠希, 多治見 知紀(名工大), 塩谷 亮太(名大), 五島 正裕 (NII), 津邑 公暁(名工大)
トランザクショナルメモリとロックを併用する並行性制御手法 (OB4)
田辺 敬之(筑波), 川島 英之(慶応), 建部 修見(筑波)
並行性制御法 Cicada と並列ログ先行書き込み法 P-WAL の結合 (OB4)
  中園 翔, 熊崎 宏樹, 内山 寛之 (NTT)
InvisibleWriteRule: トランザクションの書込み最適化 (BR)
2B: 高効率アプリケーション座長:小野 貴継(九州 大学)Room 4+3
辻丸 勇樹, 坂本 龍一, 近藤 正章, 中村 宏(東大)
LPWA 通信を利用する IoT プラットフォーム向けの電力効率を考慮したゲートウェイ配置手法の研究 (OM2)
Hiroaki Honda (Kyushu University, JST-CREST), Takeshi Noro (None)
Develpment and Performance Evaluation of Configuration Interaction and Complete Active Space SCF Calculation Program by Ruby Scripting Language
  井手口 裕太, 大野 善之, 石坂 一久 (NEC)
ベクトルプロセッサによるバイラテラルフィルタの高速化
16:00コーヒー ブレイク
16:303: 基調講演 A座長: 川島 英之(慶応)一橋講堂
 田中 譲(北海道大学 名誉教授)
オーグメンテーション: インテグレーションからフェデレーションへ
18:00
5/29(火)
09:304: 招待講演 A座長:川島 英之(慶応)一橋講堂
 楠 正憲(Japan Digital Design 株式会社)
TBD
11:00ランチ ブレイク
12:305: Young Researcher Sessions (発表+質疑:20分)
5A: データベース座長:TBD一橋講堂
長門 広洋, 山西 雄大, 鎌田 十三郎, 高木 由美, 太田 能(神戸大)
エッジ環境向け分散 key-value ストアと明示的データ分散管理手法
一瀬 絢衣(お茶の水), 竹房 あつ子 (NII),中田 秀基(産総研), 小口 正人(お茶の水)
Kafka を利用したリアルタイム動画像解析フレームワークのレプリケーションによる性能変化の考察 (Eff)
高城 光平(東北大), 上野 雄大, 大堀 淳(東北大学電気通信研究所)
ML 系言語とストリーミングデータベースの統合
佐藤 佑紀, 早水 悠登, 合田 和生, 喜連川 優(東大)
Host Managed 方式 SMR 型磁気ディスクドライブの性能エミュレーション環境の構築と入出力トレースを用いた予備実験
  堀江 悠樹(筑波), 川島 英之(慶応), 建部 修見(筑波)
耐ビザンチン障害性を持つ分散合意手法 PBFT の調査
5B: HW/SW システム座長:長谷川 揚平(東芝メモリ)Room 4+3
中澤 弘樹, 田浦 健次朗(東大)
低レイテンシ SSD をメモリ拡張として利用したときの性能評価
寺崎 達朗, 田浦 健次朗(東大)
Locality-Aware な戦略に基づく Work Stealing の実装
井原 央翔, 佐藤 重幸, 田浦 健次朗(東大)
LL(*) 文法に基づくスキャナレス構文解析器の提案 (Ori)
魚谷 孝太(東北大), 上野 雄大, 大堀 淳(東北大学電気通信研究所)
Java PathFinder による ML プログラムの捕捉されない例外の検証
  坂本 譲二, 藤枝 直輝, 市川 周一(豊橋技科大)
高位合成で生成されたプロセッサに対する特殊命令実装の検討
5C: GPU & 学習座長:TBDRoom 2+1
蟹 暁, 朝倉 泉, 増原 英彦, 青谷 知幸(東工大)
GPGPU プログラム最適化のためのプログラム合成器とその適用手法
長坂 一生, 富永 浩文, 中村 あすか, 前川 仁孝(千葉工業大学)
CUDA における JDS 形式疎行列ベクトル積に対するダイナミックパラレリズムの評価
見村 朔, 遠藤 敏夫(東工大)
LSTM を用いた映像分類システムの学習順序による高速化 (Pre)
  樋口 兼一, 田浦 健次朗(東大)
深層学習フレームワークにおける CPU と GPU の性能解析および最適化
14:10コーヒー ブレイク(ポスターの準備を含む)
15:156: 基調講演 B座長: 田浦 健次朗(東大)一橋講堂
 Krishnamoorthy, Sriram (Pacific Northwest National Laboratory)
Scalable Runtime Support for Task-parallel Programs
16:457: ポスター セッションチェア: 藤枝 直輝(豊橋技科大)Room 4+3+2
17:45表彰式PC 委員長: 五島 正裕 (NII)
18:00懇親会
20:00
5/30(水)
09:308: 招待講演 B座長: 井上 弘士(九大)一橋講堂
 田中 宗(早稲田大学 高等研究所)
量子アニーリングの理論と応用
11:00ランチ ブレイク
12:309A: データ アーキテクチャ座長:TBD一橋講堂
Masafumi Oyamada (NEC)
Adaptive Partial Aggregation Tree
  渡辺 敬之(筑波), 川島 英之(慶応), 建部 修見(筑波)
Masstree の一括構築法 (Sig)
9B: 分散システム座長:TBDRoom 4+3
大黒 晴之(筑波), 川島 英之(慶応), 建部 修見(筑波)
Skew を考慮した MapReduce Shuffle 向け集団通信の設計と評価 (BM2)
  佐々木 伽音, 小田 尚輝, 宮澤 航人, 花井 雅人, 山口 実靖(工学院大学)
TCP BBR と他 TCP の性能公平性に関する一考察 (OUG)
9C: ニューラル ネットワーク座長:山田 裕(東芝デバイス&ストレージ)Room 2+1
石井 潤, 坂本 龍一, 近藤 正章(東大)
深層ニューラルネットワークにおけるニューロン毎の量子化ビット幅最適化とそのアクセラレータアーキテクチャ
  平賀 由利亜, 福岡 久和, 三谷 剛正, 中田 尚, 中島 康彦(奈良先端)
共有 CNN を用いた高効率な分割推論実行モデル (BM1)
13:30コーヒー ブレイク
13:4510A: データベース システム座長:TBD一橋講堂
羅 博明, 早水 悠登, 合田 和生, 喜連川 優(東大)
データベースシステムにおける分析指向問合せ処理のプロセッサ動作モードを考慮した消費エネルギーモデル (OM1)
  中村 泰大(筑波), 川島 英之(慶応), 建部 修見(筑波)
Group Commit: Friend or Foe? (Eff)
10B: プログラム最適化座長:TBDRoom 4+3
石田 幸輝, 三浦 瑛絵, 深谷 猛, 岩下 武史(北大), 中島 浩(京大)
DIA 形式と CRS 形式を組み合わせた Hybrid 形式を用いた疎行列ベクトル積のキャッシュブロッキング (BB4)
  Senxi Li, Takeshi Iwashita and Takeshi Fukaya (Hokkaido Univ.)
Enhancement of Algebraic Block Multi-Color Ordering for ILU Preconditioning and Its Performance Evaluation in Preconditioned GMRES Solver (BR)
14:45コーヒー ブレイク
15:0011A: データ処理フレームワーク座長:TBD一橋講堂
斎藤 貴文, 善明 晃由(サイバーエージェント)
ストリーム処理におけるステートフルデータの管理手法
  松本 拓海(阪大), 山室 健 (NTT), 小笠原 麻斗, 佐々木 勇和, 鬼塚 真(阪大)
探索的データ分析におけるフレームワークの効率化
11B: プログラム開発座長:TBDRoom 4+3
坪井 良介, 山口 大輔, 倉光 君郎(横浜国立大学)
NezCC: 言語非依存の PEG パーサジェネレータ
  Christian Helm and Kenjiro Taura (The University of Tokyo)
A Tool Supported Approach to Precisely Identify Memory Performance Problems
16:00クロージングPC 委員長: 五島 正裕 (NII)一橋講堂
16:15

NOTICE:
xSIG 2018 does not publish any proceedings, and gives the authors an opportunity to get feedback from the xSIG 2018 attendees. Thus, we expect that acceptance in xSIG 2018 should not preclude subsequent publication in conferences or journals.